大阪府立住吉高等学校同窓会

| ご利用について | よくある質問 | お問い合わせ | 個人情報の取扱について | 同窓会館 スケジュール |

| 登録するには |

メニュー

事務局からのお知らせ

各期だより

クラブだより

会員からのお知らせ

東京同窓会コーナー

有志の会だより

高校からのお知らせ

特派員通信

リンク集

創立80周年記念会

事務局からのお知らせ

« 一覧へ戻る

北泰行氏(高15期)大阪大学名誉教授・立命館大学教授 E.C.Taylorシニア国際賞を受賞

[ 2017-10-26 ]

北泰行教授(大阪大学名誉教授・立命館大学教授)は、このほど E.C.Taylorシニア国際賞(※)を受賞されました。日本人としては、1985年亀谷哲治東北大学名誉教授、2003年 福山 透東京大学名誉教授(現 名古屋大学特任教授)に続いて14年ぶり3人目の受賞となります。授賞式は2017年9月3日〜8日にドイツ レーゲンスブルグで開催され、第26回ISHC Congressで行われた受賞講演の後に記念額を受け取られました。

 北教授は、複素環を含有し複雑な構造を有するディスコハブディンCおよびA、フレデリカマイシンA、γ-ルブロマイシン等の生物活性天然物の最初の全合成を達成しました。

 炭素と炭素を結合させる根岸及び鈴木クロスカップリング反応はノーベル賞の受賞により一躍世に知られるようになりましたが、同反応には、反応させる化合物に金属やハロゲンをつけること、またレアメタル触媒が必要です。 北教授の研究成果ではヨウ素反応剤を用いることで、これらが不要となります。また、通常の炭素と炭素のクロスカップリング反応だけでなく、従来法では難しかった窒素、酸素、硫黄を含む複素環化合物のクロスカップリングも可能な画期的なクロスカップリング反応として世界の注目を集めています。さらに、レアメタルや重金属を用いないので安全と持続可能なグリーンケミストリーとしても高く評価されています。

<北教授のコメント>
 ISHC会長のOliver Reiser教授から受賞決定の知らせを頂いた時は大変驚き、これ迄長い間取り組んできた研究の業績が認められた事は、この上なく光栄なことと思っております。

(※)1968年8月、米国ニューメキシコ州において世界中の有機化学者が中心となり、Raymond N. Castle教授 によって国際複素環化学会議(International Society of Heterocyclic Chemistry, ISHC)が設立されました。1981年より、傑出した複素環化学者に対してISHCシニア国際賞が授与され、その後、2013年に米国のE.C.Taylor教授(1989年受賞者)の栄誉を称えるために新たにその名前を冠した賞となりました。本賞は、2年に1回開催されるCongressで1名選出されます。

現 立命館大学総合科学研究機構・招聘研究教授、創薬科学研究センター長
日本学術会議連携会員

(以上は立命館大学ホームページより一部引用させていただきました。)

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

住吉高校同窓会事務局 〒545-0033 大阪府大阪市阿倍野区相生通1-15-1 北畠会館
TEL: 06-6661-9003 FAX: 06-6661-9090 MAIL: secretariat@sumiko-obog.net(@を小文字の@に変更して使ってください)

(C)SUMIYOSHI SENIOR HIGHSCHOOL Alumni association. All rights reserved.